• HOME
  • 契約書の相談

契約書の作成及びチェック

 
契約書はトラブル予防の基本でとても重要なものです。
しかし、多くの中小企業において実際には契約書を作っていないというケースは少なくありません。また、契約書はあっても、内容が不十分でかえってトラブルの原因になってしまうこともあります。
ここではそのような契約書についてお伝えします。
 

 

契約書の重要性

以下のようにお考えであれば注意が必要です。
 ・面倒だから、口約束で済ませてしまおう
 ・契約書や法律のことはわからないから、相手任せにしてしまおう
 ・弁護士に依頼すると高い報酬を取られるんじゃないか? 
 ・売っている書式を使い、それをアレンジして使おう
上記のようにお思いであれば以下の項目についてもご覧になってください。
 
企業にとって、契約書を作成しておくことは重要な予防法務の1つといえます。
企業活動においては日常的に様々な「契約」が数多く締結されています。
契約書を用意するのが面倒で簡易な口頭約束で済まされてしまっているケースも見られます。
しかし、契約書を作成していないと、万一契約上のトラブルが発生したときに、トラブル解決の糸口が掴めない状況に陥ってしまいます
そうなると言った言わないの問題になり、大幅な妥協を強いられることが多々あります。
契約の際は、必ず契約書を作成しておく必要があります。
 
 
 

市販の契約書

 
市販の契約書、無料の契約書が現在ではインターネットを使えば無料で簡単に契約書の雛形が手に入ります。
しかし、あくまでも雛形ですから、個別の状況には対応しておらず、多くの場合には体裁を整える市販の契約書では問題が起こった場合に対処しきれないケースが多いものです。
契約書を形式的なもので済まさず紛争解決のためには会社の実情契約の趣旨を反映した条項を盛り込んでおくことが紛争予防のためには肝要です。
一時しのぎでは実際に紛争に至ってから後悔することになります
 
 
 

契約書の相談

 

 

 

中小企業の法律相談は東大阪・八尾 中小企業法律相談へ!

 

ImgLH1.jpg

 

顧問先の声 相続・遺言無料相談受付中 0120-193-552 受付 9:00-18:00 土曜・日曜対応可 無料相談の詳細はこちら

ご相談はこちら

弁護士法人ⅰ
本部東大阪法律事務所

相談時間:10:00~19:00
(休業日 日曜日・祝日)
TEL 0120-115-456

東大阪:東大阪市長堂1丁目8番37号ヴェル・ノール布施5F
アクセス:近鉄大阪線・奈良線・布施駅・北口出口徒歩1分
奈良:奈良県奈良市高天市町11番1
アクセス:近鉄奈良駅徒歩1分

メールでのご予約はこちら

Copyright © 2015 弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所、奈良法律事務所 All Rights Reserved.