事業承継の方法

 
事業承継の方法には、大きく分けて3つあります。

(1)現経営者の親族への承継(親族内承継)

 
日本企業において親族内承継が多く見られます。親族内承継とは子息や子女が後継者となる場合です。他にも、将来の承継まで一時的に、配偶者が後継者となるような場合もあります。
 

(2)従業員等親族以外の者への承継(親族外承継)

 
親族以外で考える場合には社内の従業員、もしくは社外の取引先が考えられます。
社内へ承継する場合には専務などの役員や経営陣が、社外へ承継する場合には取引先や金融機関から来てもらった人が後継者となる場合です。
会社の内外から広く候補者を求めることができるのに対し、経営者が負っている個人債務保証の引継ぎが問題となることもあります。
株式を譲渡する方法を使うのが一般的ですが、この場合には、株式譲渡の法的な手続の他に、税金面での問題や、会社経営者の個人保証の問題なども生じます。
 

(3)M&A

 
M&Aとは企業の合併や買収のことをいいます。最近では、大企業だけではなく、中小企業においてもM&Aの件数が増加傾向にあります。
メリットとしては現経営者が会社売却の利益を獲得できますが、希望の条件を満たす買い手を見つけるのが困難であるなどのデメリットもあります。
早期段階から方針を立て、下準備をしておくことが重要です。
 
 
 
 
 

事業承継の相談

 

 

 

中小企業の法律相談は東大阪・八尾 中小企業法律相談へ!

 

ImgLH1.jpg

 

顧問先の声 相続・遺言無料相談受付中 0120-193-552 受付 9:00-18:00 土曜・日曜対応可 無料相談の詳細はこちら

ご相談はこちら

弁護士法人ⅰ
本部東大阪法律事務所

相談時間:10:00~19:00
(休業日 日曜日・祝日)
TEL 0120-115-456

東大阪:東大阪市長堂1丁目8番37号ヴェル・ノール布施5F
アクセス:近鉄大阪線・奈良線・布施駅・北口出口徒歩1分
奈良:奈良県奈良市高天市町11番1
アクセス:近鉄奈良駅徒歩1分

メールでのご予約はこちら

Copyright © 2015 弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所、奈良法律事務所 All Rights Reserved.