事業承継解決までの流れ

 

1.ご相談

 
まずは希望される事業承継の内容についてご相談下さい。
事業承継計画を立案するにあたって、「会社の現状」「経営者自身の資産の現状」、及び「後継者候補者に関する情報」等が必要となります。相談に際しては、これらに関わる資料をお持ち下さい。
 

2.方針の策定

 
事業承継の方法としては、大きく分けて親族内承継・従業員等への承継・会社外部への売却(M&A)があります。上記の会社を取り巻く状況及び依頼者様のご希望を踏まえ、適切な事業承継方法をアドバイスさせていただき、方針を策定していきます。
 

3.事業承継計画の作成

 
決定した方針をもとに、具体的な事業承継のスケジュールを決定していきます。事業承継の内容にもよりますが、「株式・財産の分配」「定款変更」「関係者への根回し」「後継者教育」等行わなければならないことは多岐に渡ります。場合によっては、10年を超えるスケジュールになることもあります。
 

4.事業承継の実行

 
事業承継計画に従い、個々の対策を着実に実行していきます。当事務所では事業承継が完了するまで、その過程で都度、適切なサポートをさせていただきます。

 
 

事業承継の相談

 

 

 

中小企業の法律相談は東大阪・八尾 中小企業法律相談へ!

 

ImgLH1.jpg

 

Copyright © 2015 弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所、奈良法律事務所 All Rights Reserved.