育児社員をサポートする助成金

ここでは、従業員の育児と職場復帰を支援する企業様に対して支給される助成金についてご説明していきます。

また、育児休業ができる労働者は、原則として1歳に満たない子を養育する男女労働者のことを指します。

企業としては、従業員に安心して子育てに専念してもらうために、助成金を受給することができます。

 

助成金項目 助成金概要 最大支給

中小企業子育て

支援助成金

常用労働者100人以下の企業において、育児休業取得者、育児短時間勤務制度の適用者が初めて生じた場合に申請可能な助成金 一人あたり70万円

両立支援レベルアップ助成金

(育児・介護費用等補助コース)

事業主が育児・介護サービス業者と契約して労働者に利用させる措置又は労働者が利用する育児・介護サービスにかかる費用の補助を実施したときの助成金 480万円

両立支援レベルアップ助成金

(子育て期の短期間勤務支援コース)

小学校3年生修了までの子を養育するために、短時間勤務制度を設け、労働者に利用させた事業主に対して助成金

1回あたり30万円

両立支援レベルアップ助成金

(代替要員確保コース)

育児休業取得者の代替要員確保と原職等へ復帰制度を定め、実施した事業主に対しての助成金 一人あたり15万円

両立支援レベルアップ助成金

(休職中能力アップ)

育児休業者又は介護休業者がスムーズに職場復帰できるよう、職場適応性や職業能力の維持回復を図る措置(職場復帰プログラム)を実施した事業主に対しての助成金 一人あたり21万円

 

 

 

中小企業の法律相談は東大阪・八尾 中小企業法律相談へ!

 

ImgLH1.jpg

 

Copyright © 2015 弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所、奈良法律事務所 All Rights Reserved.