2 継続的契約の法的性質

法的に継続的契約とは「一定の期間にわたり契約関係の存在が前提にされている契約」を言います(加藤新太郎著「継続的契約の解除・解約」p2)。

現在の民法典には契約の継続性に着目した一般的規定は置かれていません。一般規定が無いことから継続的契約の解消を巡る紛争についての解決は専ら解釈に委ねられています。

以下では、継続的契約の解消に関する問題について事例を通して説明させていただきます。


Copyright © 2015 弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所、奈良法律事務所 All Rights Reserved.