5 まとめ~中小企業と継続的取引~

継続的取引の解消に関しては以上のような問題点があります。とは言うものの、それぞれの取引には業界の商慣行があり、取引の方法も業界によって異なります。

さらには、各企業間の取引の経過があり、もちろん各企業間の力関係があります。

これらを踏まえて理不尽な要求にどのように対処するかが中小企業の難しいところであり、我々も中小企業経営者のご苦労を偲ぶばかりです。

弁護士としてこのような相談をお伺いした際には法的な答えを出すことだけでは不十分であり、相談企業の業界の地位、置かれている状況、取引先との力関係、当該商品の依存度、資金繰りなど綜合してご回答させていただかなくてはならないと自戒するばかりです。

中小企業の経営者の皆様には理不尽な主張をされた!納得がいかない!など商取引では多々あるかと存じますがそのような場合には一度ご相談頂き、煩わしいことは我々にお任せいただいて本業に御専念頂ければ幸甚です。


以上

Copyright © 2015 弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所、奈良法律事務所 All Rights Reserved.