信託、民事信託とは

(1)信託とは

 「信託」とは、「特定の者が一定の目的に従い財産の管理又は処分及びその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきものとすることをいう」(信託法2条1項)とされています。簡単に言い直すと、財産を持つ人が信頼のおける他人にその財産を託して、一定の目的のもとで財産の管理・処分を任せる法律関係をいいます。
 法律用語では、財産を託す人を「委託者」、託される他人を「受託者」といいます。そして、信託により利益を受ける人を「受益者」といいます。信託では、「委託者、受託者、受益者」の三者が基本的な登場人物となるので覚えておいてください。

jigyoukeisyou13.jpg

(2)民事信託、商事信託

 民事信託は、特定の人が信頼のおける受託者に財産を託す信託です。受託者は営業として行うのではありません。
 商事信託は、受託者が信託銀行や信託会社となる場合で、営業として不特定多数者から反復継続して信託を引き受けるものをいいます。投資商品としての聞きなじみのある「投資信託」はこちらになります。
 このうち民事信託は、多くの資産を持たない一般の方でも安心して財産管理をする新たな手法として注目が高まっています。
Copyright © 2015 弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所、奈良法律事務所 All Rights Reserved.