ご質問3

残業代請求を受けた!裁判になるの?

 

解答  裁判所に行かなくてもよい場合もあります!

 

「辞めた従業員から突然残業代の請求を受けた!どうしたらいい?」

 

というご相談がここ数年で急激に増えてきています(その逆に、請求できますか?というご連絡も受けることがあります)。

経営者の方にとって、辞めた従業員からの請求は、「寝耳に水」ということも多く、対応に困られることが多いです。

残業代請求について、

①支払いを要する場合は、その金銭的な負担

②裁判となったときは、その時間と費用の負担

③精神的な負担

などがあります。

 

ただ、残業代請求といっても、どのような手段で請求してきたのかによって、経営者の方の負担の重さは大きく異なります。

 

例えば、

・どんな書類が来たのか(ときには、メールや電話がきただけという場合もあります)?

・どこから送られてきたのか(従業員本人?裁判所?弁護士?など)?

・その金額や根拠は?

・どの程度証拠がありますか?

・どんな方でしたか?

・労働組合の支援を受けていますか?

などによって、対抗する手段や争う場所が異なります。

内容によっては、裁判所に赴くことなく、終結させることができることもあります。

(逆に、最初から裁判所での対応を余儀なくされるケースもあります。)

 

残業代請求については、古くて新しい紛争であり、弁護士の中でも、経験の有無や数は大きくことなるのが実情です。

 

請求を受けた場合は、あわてず、しかし迅速に弁護士などにご相談ください。

もちろん、当事務所も弁護士が空いている時間であればいつでも無料でご相談を受け付けております。

 

 

 

中小企業の法律相談は東大阪・八尾 中小企業法律相談へ!

 

ImgLH1.jpg

 

顧問先の声 相続・遺言無料相談受付中 0120-193-552 受付 9:00-18:00 土曜・日曜対応可 無料相談の詳細はこちら

ご相談はこちら

弁護士法人ⅰ
本部東大阪法律事務所

相談時間:10:00~19:00
(休業日 日曜日・祝日)
TEL 0120-115-456

東大阪:東大阪市長堂1丁目8番37号ヴェル・ノール布施5F
アクセス:近鉄大阪線・奈良線・布施駅・北口出口徒歩1分
奈良:奈良県奈良市高天市町11番1
アクセス:近鉄奈良駅徒歩1分

メールでのご予約はこちら

Copyright © 2015 弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所、奈良法律事務所 All Rights Reserved.